お知らせ

年末年始の休みについて
 
12月29日(金)の午後から1月4日(水)まで休診とさせていただきます。

Google Map上に当院の院内の様子をみていただくことができるようになりました。(H29.2.7)
https://goo.gl/maps/L3N2SqwekwF2
KR.company様お世話になりました(^^) 

 

自費手術の中止のお知らせ(平成26年3月17日)
包茎手術、精管結紮術(パイプカット)などは、手術としては決して大きな手術ではありませんが、精密な操作を要します。最近、そういう操作をするのに視力の低下を感じており、手術を見合わせたいと思います。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いします。

医院玄関.jpg

2017年11月17日 寒くなると増える夜間頻尿

今朝は急激に冷え込みました。例年寒くなるとおしっこが近くなる患者さんが増えてきます。困っていない人でも、尿の回数が増える人、多いですよね。夜起きる回数が増えると寝不足にもなり、寒い時にトイレにいくのは不快なものです。

対策ですが、まずはあたたかくすること、寝室やリビングの温度をあげて、外出のときは懐炉を使ったり、最近の保温性に優れた下着を使うのが有用です。

次に水分を夏、秋よりは減らすこと。水分不足は体によくありませんが、取れるだけ取りなさい、という指導があればそれは間違いです。なんでもほどほどが一番です。特にコーヒーなどカフェイン飲料は注意が必要です。利尿作用といって尿量を増やす作用、覚醒作用といって眠りを浅くする作用があり、夜間頻尿の原因となっていることが多く見られます。

頻尿の薬については排尿困難の有無、尿量、眠りの深さ、前立腺の大きさ、残尿の有無、感染の有無などを考慮しながら少ない日数で効果を確認し、徐々に延ばしていくという方向がいいと思っています。長く出してほしいという気持ちもわかりますが、合う薬を探すのが大切ということを理解していただければ幸いです。

2017年8月25日 お盆休みのカンボジア・アンコールワット観光とトイレ事情

気がつけばもう夏も終わりかけ。今年の夏はカンボジアのアンコールワットに行ってきました。仕事が終わって関西空港に駆けつけ、夜の1時ごろバンコクに向けて出発。朝乗り換えてアンコールワット近くの街シュリムアップへ。初めてのカンボジアでした。ジャングルの中から再発見されたという1991年登録の世界遺跡群(これは最初の年に登録された世界遺産中の世界遺産ということです)ですが、1000年近く前のすばらしい寺院の姿に感動しました。

カンボジアはどんなところだろう、と思っていました。高校時代にならった、ポルポト政権時代は大変な世界、というイメージでしたが、新しい国造りが動いている、という印象で、ガイドさんたちも町の人も働き者ばかりのようにみえました(日本語に堪能なガイドさんは人による、と言って笑っていました)。食事もおいしく、快適だったのですが、ゆいいつトイレが。。。 水洗なのですが、かめに溜めた水を柄杓で汲んで、流し、それで手も洗うという形で、ガイドさんが用意してくれたウエットティッシュが頼りでした。ホテルは快適なのの、暑さで脱水気味だったので、実際困ったのは3日間で2度ほどでしたが。

いつも瓶に入った乾燥した胡椒の実の生の姿(ぶどうの房のように料理に入っている)を初めて見て、初めて味わいました。遺跡もたくさんあり、まだ行けていないところもあるので、いつの日かまた訪ねてみたいと思います。今回トランジットだけで行けなかった、バンコクのアユタヤ遺跡も行ってみたいものです。

2017年7月30日 膀胱炎にボーコレン

夏になると膀胱炎で受診される方、特に女性が増えてきます。

排尿痛、血尿、不快感などで、ご自分で「あ、膀胱炎だ」と自己診断され、薬局でボーコレンを買い求め、服用したが良くならない、という方、結構いらっしゃいます。

ボーコレンは五淋散と呼ばれる漢方薬で、そのもの自体は膀胱炎の症状を緩和するのには有効で、私もしばしば使用します。特に膀胱炎で荒れた膀胱は、菌がいなくなってもしばらくは不快感が残ります。そういう症状の緩和には有効なこともあります。

問題は2つあり、ひとつは膀胱炎の多くは細菌感染が原因であり、その菌を殺す薬が必要である、ということです。もうひとつは、膀胱炎を起こす基礎疾患のチェック、すなわち結石やできもの(がん、なども含む)、残尿が多くなる神経因性膀胱などの原因疾患のチェックができているか、どうかです。後者の方は初めて膀胱炎になった比較的若い方は無視しても良いかも知れません。しかし前者に関しては、抗菌剤という最近を殺す薬を短期間服用することにより圧倒的に早く良くなるのに、と思います。

膀胱炎は医者にかかったほうがいいですよ、と一言。
前にも書いたかもしれませんが、もう一回。

2017年6月2日 開業記念日(十一周年)

本日6月2日は当院の開業記念日です。

十一周年を迎えました。毎年のことですが、ゴールデンウィークの4週後にあたるこの開院記念日は、いつも定期通院の患者さんが少なく、ヒマにしています(待ち時間は短いです)。私の後に前任地の病院で引き継いでくれた先生もこの春に開業し、当時はまだ若かった(と、勝手に思っているだけかも知れませんが)先生が新部長として引き継がれました。時代はどんどん動いている、進んでいると思います。

いつまでも新参者と思っていましたが、当地でも私の後から開業された方も多くなり、引退されたり、院長を交代されたりという医院もいくつか見られるようになってきました。引き続いて知識の更新にも努めながら、積み重ねた経験と知識が活かせる場面でがんばっていきたいと思います。

2017年4月30日 ホームページの改修

開業して11年、院内のいろいろな設備も修理、バージョンアップが必要なところもでてきましたが、このホームページもそのひとつです。世の中のスマホの普及に伴い、スマホでの表示が(すでに数年前から)必須となっており、私がお世話になっているこのあきばれネットも対応はしてくださっているのですが、私の知識不足と努力不足により、未対応となっておりました。

ちょっとこの連休を利用して改善を試みてみたいと思います(とは行っても、遊びにも出かけるので対応しきれるかどうかはわかりませんが)。

私のホームページとの付き合いは古く、今から20年以上も前、(まだインターネットエクスプローラーやホームページビルダーが無い頃)、ハイパーテキストとモザイク(途中からネットスケープ)を使ってホームページを作っていました。そのころから全く知識が更新されていないのが問題なのですが、ちょっと頑張ってみたいと思います。さて、思うように行きますやら。。。。